骨盤についての知識を深めていこう

産後はゆがんだ骨盤を戻す絶好のチャンス

出産後はゆがんだ骨盤を治そう

出産後に骨盤矯正を考える女性がとても多いです。出産後は、骨盤が歪みやすいよと言われています。産後太りで悩んでしまう女性も多いのですが、そのような女性は、骨盤が歪んでしまった事により、スタイル維持が難しくなっているという事もできます。

 

出産後は、歪んだ骨盤を元に戻す絶好のチャンスだと言えます。産後の時期を狙い、徹底的に骨盤矯正をしてみるというのもいいでしょう。

 

出産後の骨盤の歪みについての基本的知識

出産時には、胎児を産むために、骨盤が大きく開きます。開いた骨盤は徐々に閉じていくのですが、早期の仕事復帰や筋力不足、育児ストレスなどで、骨盤の歪みが元に戻らず、そのままの状態になってしまう事も多いです。

 

骨盤の不安定さが長時間続いてしまいますと、どうしても体に器質的な変化や、自律神経の乱れが起こってしまいます。神経や血液の流れの異常も発生してしまいます。この影響で、腰痛や坐骨神経症、肩こりや頭痛、脚の付け根の痛み、尿漏れ、冷えといった様々な症状も出てしまう事になります。

 

産後の骨盤の歪みは早期に解決しよう

出産後の骨盤矯正は、早い方がいいでしょう。出産後は、完全に骨盤が安定するまでに、半年くらいかかってしまいます。出産後一ヶ月は安静にする事、そして2ヶ月は無理をしない事が必須となります。

 

女性は出産後は大忙しです。体調管理に加え、育児、家事、旦那さんとの協力など、色々と神経を使います。そのため、産後、不安定な骨盤のまま無理をしてしまいますと、歪んだ骨盤が、そのまま固定されてしまう事もあるのです。

 

出産後の骨盤の歪みについて、何か不安があれば、整骨院などに行かれ、できる限り産後早めに骨盤の歪みを治してもらった方がいいでしょう。